スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2015年12月16日

Wall of L119 Vol.1

UKSF再現において、皆さん拘り抜いているL119。



私も僭越ながらパーツ集めに奔走しています。(C8 CQB)
以下、既出の記事も多いと思いますが私的な覚書ゆえご容赦を。。

実ハンドガードキャップです。
ご存知、M203取り付け用切り欠きの無いフラットな形状の物です。
低価格で密やかな満足感が得られる素敵パーツ!


UK向け実KAC製ハンドガード。
以前購入のタイミングを逃していた為、無事入手できて嬉しさ2倍です。
お馴染み、ロアハンドガードにも固定フックが追加されいます。



実G.P.S
パシっと展開します。
レプリカにありがちな華奢な不安感がありません。
収納時もカチっ収まり剛性感があります。但し、グリップとしてはかなり重量級ですね。


その他デルタリング、フロントサイト、光学機器等まだまだ拘りたい部分があります。
フレーム刻印問題もありますし、ベースGUNの選定を見直しています。
(現在は暫定で次世代M4ベース。。)

地味で硬派なL119ですが、向き合ってみると大変味わい深い物です。
幸いUKSFは銃器の更新がスローなので、06~現用装備を楽しみながら、じっくり仕上げていきたいですね。





  


Posted by .U at 17:38Comments(0)UKSFequipment

2015年12月02日

CRYE LAP PANEL

CRYE LAP PANEL
Some images example





インサートは当然しっかりとした重量感。計測していませんが、体感で3~500g程。



CPCフロントパネル裏面に専用の連結スロットがあります。
端末はドットボタンで固定します。上付き2/下付き2 で計4ポイント。
LAP PANEL位置は5cm程度調整が可能です。


CPC合わせで仮組み。








  


Posted by .U at 00:22Comments(0)equipmentCAGUKSFequipment